【正信偈の基礎を学ぶ】#002

皆さん、本日もようこそお参りくださいました。

【正信偈の基礎を学ぶ】シリーズ。本日は二回目です。
今回も、「正信偈」に込められた心を、ご一緒に味わってまいりましょう。

▼この内容は動画でもご覧いただけます

◆導入

「正信偈」とは、正式には「正信念仏偈」といい、浄土真宗の宗祖である親鸞聖人(しんらんしょうにん/1173~1263)がおつくりになった偈(うた)です。浄土真宗において「正信偈」は、ご法事や法要という行事、また日々の勤行など、お寺やご門徒様のお宅で日々となえられているような日常的なものです。

この【正信偈の基礎を学ぶ】シリーズでは、「正信偈」の内容について、できるだけ分かりやすく味わってまいりたいと思います。どんな内容のことが書いてあるのかが分かると、となえる時の心持ちも変わってくるかと思いますので、共に学んでまいりましょう。

◆本日の偈文(げもん)

本日は、「正信偈」冒頭の二句、「帰命無量寿如来 南無不可思議光」という部分について学んでいきます。まずは、本文と書き下し文、そして意訳を見てみましょう。

宜しい方は、口に出して読んでみてください。

【本文】
帰命無量寿如来 南無不可思議光
(きみょうむりょうじゅにょらい なもふかしぎこう)

【書き下し文】
無量寿如来(むりょうじゅにょらい)に帰命(きみょう)し、不可思議光(ふかしぎこう)に南無(なも)したてまつる。

【意訳】
はかり知れないほどの大きな慈悲の心で、過去、現在、未来の悩み苦しむ全てのものを、救おうと願って下さる阿弥陀如来に、私親鸞は帰依致します。
また、思いはかることができないほどのすぐれた智慧の光で、すべてのものを照らし、導いて下さる阿弥陀如来に、私親鸞は帰依致します。

◆阿弥陀如来に帰依する

では、「帰命無量寿如来 南無不可思議光」に込められている意味を、もう少し詳しく見ていきましょう。

「正信偈」のような偈文(げもん)というものをつくる際に、冒頭にまず仏様への帰依の心をあらわしたり、仏様への感謝を述べるという形をとることがあります。

「正信偈」の「帰命無量寿如来 南無不可思議光」という最初の二句も、「正信偈」をつくられた親鸞聖人自身が、私親鸞は阿弥陀如来に帰依しますと述べられている部分になります。この冒頭の二句を、帰敬序(ききょうじょ)とよんでいます。

スライド3

「帰命無量寿如来」の帰命とは、帰依するという意味です。

帰依とは、依りどころとするとか、信順するとか、心から信じ敬うといった意味です。つまり、帰依とは、信心をあらわす言葉になります。信順とは、信じ順うことです。

次の句の「南無不可思議光」の南無も、一句目の帰命と同じ意味になります。つまり、帰命も南無も、帰依するという意味になります。

そして、この帰依するという言葉は、無量寿如来に帰依する、不可思議光に帰依するというように、それぞれその後の言葉にかかっています。

この冒頭の二句を直訳すると、無量寿如来という仏様、不可思議光如来という仏様に、私親鸞は帰依しますという意味になります。

「正信偈」をつくられた親鸞聖人が、まず「正信偈」の冒頭に、仏様への敬いの心をあらわに述べておられる部分が、この二句、帰敬序のところになります。

「帰命無量寿如来」の無量寿如来も、「南無不可思議光」の不可思議光如来も、共に、浄土真宗でご本尊とする阿弥陀如来という仏様のことをさしています。

スライド19

二句目の不可思議光では、如来という言葉が略されていますが、不可思議光如来のことです。如来とは、仏様という意味です。

繰り返しますと、無量寿如来も不可思議光如来も、共に、浄土真宗のご本尊である阿弥陀如来をさしています。

親鸞聖人が、阿弥陀如来という仏様に帰依しますと述べておられる部分になります。

◆無量寿、無量光

無量寿如来というよびかたも、不可思議光如来というよびかたも、阿弥陀如来という仏様のお徳をあらわした言葉になります。無量寿如来、不可思議光如来という言葉を意味を知れば、阿弥陀如来がどういう仏様であるかということが分かってきます。

では、無量寿如来、不可思議光如来という言葉の意味について、みていきましょう。

スライド3

「帰命無量寿如来」の無量寿とは、無量とは、はかることができないという意味です。寿とはいのちという意味をもっており、とても長い時間を表す言葉です。

如来とは仏様のことですから、つまり、無量寿如来とは、はかることのできないいのちをもった仏様という意味になります。

無量寿という言葉は、どういうことをあらわしているかというと、阿弥陀如来という仏様が、ずっと昔から、悩む苦しむものを見ては、救わずにはおれないと哀れみの心を抱き、願い続け、現に救おうとはたらきかけ続けておられるというお徳をあらわしています。

こうした意味をくんで、意訳では「帰命無量寿如来」という部分を、「はかり知れないほどの大きな慈悲の心で、過去、現在、未来の悩み苦しむ全てのものを、救おうと願って下さる阿弥陀如来に、私親鸞は帰依致します」と訳しています。

スライド9

慈悲とは、苦しみを抜き、楽(幸せ)を与えたいという仏様の慈しみの心のことです。ずっと昔から、そしていつでも我々のことを思ってくださっている阿弥陀如来という仏様のお徳を、無量寿という言葉で表現されています。

「南無不可思議光」の不可思議光とは、言葉で言い表したり、思いはかることができない光という意味です。不可思議光とは、無量光とも言います。無量光という言葉は、阿弥陀如来は、思いはかることのできないほどの光のお徳をもった仏様であることをあらわしています。そしてその光は、どこまでもくまなく照らしていくというお徳をもっています。

こうした意味をくみとり、意訳では「南無不可思議光」の部分を、「思いはかることができないほどのすぐれた智慧の光で、すべてのものを照らし、導いて下さる阿弥陀如来に、私親鸞は帰依致します」と訳しました。

阿弥陀如来とは、無量寿という、ずっと昔からいつでも我々のことを願い続け、そして無量光(不可思議光)という、どこでも、どこまでも願い続け、
救おうとはたらきかけ続けておられる仏様ですよ。そんな阿弥陀如来という仏様に、私親鸞は帰依致します。

こういう意味が、「正信偈」の帰敬序の二句、「帰命無量寿如来 南無不可思議光」という部分に込められております。

次回は、仏様に願い続けられているとはどういうことなのか、光で照らされているとはどういうことなのか。そうしたことを、学んでいきたいと思っております。

◆復唱

最後に今一度、「正信偈」の帰敬序という冒頭の二句について、本文、書き下し分、意訳を味わってみましょう。

宜しい方は、口に出して読んでみてください。

【本文】
帰命無量寿如来 南無不可思議光
(きみょうむりょうじゅにょらい なもふかしぎこう)

【書き下し文】
無量寿如来(むりょうじゅにょらい)に帰命(きみょう)し、不可思議光(ふかしぎこう)に南無(なも)したてまつる。

【意訳】
はかり知れないほどの大きな慈悲の心で、過去、現在、未来の悩み苦しむ全てのものを、救おうと願って下さる阿弥陀如来に、私親鸞は帰依致します。また、思いはかることができないほどのすぐれた智慧の光で、すべてのものを照らし、導いて下さる阿弥陀如来に、私親鸞は帰依致します。

本日は、「正信偈」の帰敬序、冒頭の二句について、お話をさせていただきました。

このように、信行寺では「仏教やお寺をもっと身近に」というコンセプトのもと、動画やブログを配信しております。チャンネル登録やSNSのフォローをいただけますと幸いです。また、いいねやコメントもお待ちしております。

【正信偈の基礎を学ぶ】シリーズ。これからも「正信偈」に込められた心を、共に味わってまいりましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

合掌
福岡県糟屋郡宇美町 信行寺(浄土真宗本願寺派)
神崎修生

▼その他の記事

___
更新情報は各種SNSにて配信しておりますので、宜しければ是非、「フォロー」いただけますと幸いです。

▼各種SNS
https://linktr.ee/shuseikanzaki

▼ブログマガジン購読
https://note.com/theterakoya/m/m98d7269f59de

購読者限定のブログマガジン「神崎修生の仏教部屋」では、さらに味わい深い仏教やお寺の内容を記しています。ご関心がある方は、是非ご購読ください。