【仏教ひとくち法話】#005 自分らしくいられる秘訣

こちらの内容は、2020年12月9日におこなわれた「ヘルシーテンプル@オンライン」の法話を文字おこししたものです。

▼この内容は動画でもご覧いただけます

「ヘルシーテンプル@オンライン」。本日は、信行寺版です。

ここからは、「幸せを育む法話の時間」ということで、ご参加の皆様と共に幸せについて考えてまいりたいと思います。ウェルビーイングダイアローグカードより、「今日の問い」はこちらです。

【今日の問い】
いつも自分らしくいるために気を付けていることは何ですか?

本日は、この問いについて、ご一緒に考えてまいりたいと思います。

私が今思う、この問いに対しての答えは、「適度な距離感」です。自分らしくいられるために、「適度な距離感」はとても大切なことのように思われます。

「適度な距離感」を保てないと、苦しさを感じたり、もやもやとした気持ちになるかと思います。一般的な例で挙げると、

・参加したくないのに、知人や上司から強く誘われて参加した会の時。
・まだあまり関係性ができていないのに、どんどん踏み込んでこられる時。
・家族や恋人同士など、関係性が近すぎて、依存関係になったり、思いやりが感じられない時。

このような「適度な距離感」が保てない時は、自分らしくいられず、苦しさを感じたりするのではないでしょうか。

「適度な距離感」を保つことで、自分らしくいられたり、人との良好な関係が築やすくなることと思います。

人それぞれ、「適度な距離感」は違います。自分の「適度な距離感」とはどの程度なのか。相手にとっての「適度な距離感」とはどの程度なのか。そうして見える化したり、言語化していくと、自分らしくいられていない時や、その原因が分かるようになります。

自分がもともと持っている「適度な距離感」もありますし、また相手との相性や関係性によって「適度な距離感」も変わります。距離感が近いから良いというわけでもなく、遠いからといって悪いのでもないということを、理解することも大切でしょう。

とある日本人女性で、フランス人と結婚し、フランスに家族で在住している方がおられます。

聞いたところでは、その女性が住むフランスの地域では、家族ぐるみのホームパーティーが多いそうです。ただ、その女性はホームパーティーが苦手で、そのお誘いは断るようにしているそうです。

家族ぐるみのホームパーティーの誘いを断ると、お互いの関係性が悪くなるんじゃないかとか、きまずくなるんじゃないかと思ったりしますが、そんなことはないと言います。

それはなぜかというと、お互いの「適度な距離感」が違うことを理解していて、違うことを前提に人間関係が築かれているからだそうです。フランス全域でそうなのかどうかは分かりませんが、少なくともその女性がお付き合いされている方々は、お互いの「適度な距離感」の違いを理解してくれると言います。

ですから、お誘いがあっても非常に断りやすいし、相手も無理に誘うこともないそうです。そうすると、心地よい関係性が築けますよね。このお互いが無理しない「適度な距離」を保てる状態が、自分らしくいられる秘訣のようにも思われます。

ただし、どんな場面でも「適度な距離感」を保てるかというと、そうでもない場合もあるかと思います。断りづらい誘いなどもあるでしょう。

本当に苦しさを感じるのであれば断るべきだと思いますが、そこまで苦しくはなく、相手も悪い人ではないのであれば、たまには相手の距離感の中で過ごすことも悪いことばかりでもないでしょう。

自分の「適度な距離感」に捉われてしまい、かえって苦しみが生まれることもあります。相手の距離感に入ることで、相手との心理的な距離が近くなることもあります。

ある程度自然に自分が思っていることが言えて、無理をせず自分らしくいられるのであれば、そこまで苦しくはならないでしょう。

あまりにもこうすべきというような押し付けがあったりして、自分の思いが伝えられないような場合は、距離を置くことも必要でしょう。

自分の人生を歩むのは自分であり、人に束縛されるべきものではありません。
お釈迦様の言葉にこのような言葉があります。

自己こそ自分の主(あるじ)である。他人がどうして自分の主であろうか。
自己をよく整えたならば、得難き主を得る。
『ダンマパダ』160

___

自らが自らの人生を歩み、自分らしく生きるためには、「適度な距離感」をとることも大切に思われます。そして、親しき仲にも礼儀ありという言葉にあるように、「適度な距離感」が、互いを尊重した心地よい関係性を築くことに役立つことと思います。

それではここから、今日の言葉である「いつも自分らしくいるために気を付けていることは何ですか?」についてや、「適度な距離感」について、対話をしてまいりたいと思います。

___

最後までご覧いただきありがとうございます。

合掌
福岡県糟屋郡宇美町 信行寺(浄土真宗本願寺派)
神崎修生

▼関連の記事はこちら

___
更新情報は各種SNSにて配信しておりますので、宜しければ是非、「フォロー」いただけますと幸いです。