今回は、信行寺のオンライン朝会「ヘルシーテンプル」での法話をこちらに掲載させていただきます。

▼動画でもご覧いただけます

本日も、信行寺のオンライン朝会にお参りいただいた皆様と、ご一緒に考えさせていただきたいと思います。

幸せを育むウェルビーイングダイアローグカードから選んだ今日の問いはこちらです。

【今日の問い】
あなたが感謝していることは何ですか?

スライド1

私の方から少しお話をさせていただき、後ほど皆様と共にチャットで対話をしてまいります。

さて、先日ある方のSNSを拝見させていただき、私自身が感動した感謝にまつわるお話を紹介させていただきます。SNSは公開設定で投稿されていたので、紹介しても大丈夫かと思いご紹介させていただきます。

その方は、40代の女性の方で、お父様とのお話を投稿されておられました。その女性は、お子さんの頃、お父様に抱きしめられた記憶がないそうです。

父親と娘というと、ある程度の年齢になると、距離感がでるものかもしれませんが、幼い頃には抱っこしたり、添い寝したりということもありそうなものです。

その女性とお父様とは、仲が悪いわけではないそうです。ただ、その女性が望むような「ぎゅっと抱きしめる」という形での愛情表現をされたことがなく、父親の身体的な温もりを感じる機会がなかったそうです。

親子で身体の温もりを感じる機会がないということは、子どもとしてはどういう気持ちになるでしょうか。自分への思いや、親心を感じにくいかもしれませんね。その女性は、子どもの頃から父親との関係では、心から満たされた気持ちになることがなかったそうです。

その女性が最近になって理解できたこととしては、その父の愛情表現の示し方はお金だったことだそうです。家族のために精一杯働き、お金を家庭に入れ、そのお金でものを買ってあげたり、学費を払ったりということが、父が娘を思う気持ちの表現方法だったのかもしれません。

しかしその女性は、モノをいくら買ってもらったとしても、父から抱きしめられるという身体的な温もりを通して愛情を受け取っていなかったため、心が満たされることはなかったのでしょう。

こうしたエピソードを伺うと、親が子に対して大切に思う気持ちを、口にしたり、抱きしめて伝えることの大切さを思わされます。

その女性が40歳を目前にした時、恥ずかしさを感じながらも意を決して、お父様に「ぎゅっと抱きしめてほしい」と思いを伝えたそうです。しかし、お父様のほうは、抱きしめるという形で愛情を表現したことがこれまでないので、すぐには抱きしめてはくれなかったそうです。

「これまで家族のために精一杯働いてきた。これ以上何をすればいいんだ」と言って、抱きしめようとはしてくれません。

しかしその女性はあきらめず、自らお父様の胸の中に飛び込んだといいます。その時にはじめて、父親の心臓の鼓動や、手の大きさを実際に感じ、その女性は40歳を前にしてはじめて、父親の温もりというものを感じたそうです。そして、心の氷が解けていくのを感じたといいます。

それから、お父様もこれまでどのような思いでいたかや、家族のことを思って懸命に働いてきたことを涙ながらに語られたそうです。

また女性も、お父様を理解するために、お父様が職人気質の風土のもと育たれたことを調べたり、家族のために懸命に働いた思いを理解しようとしたそうです。そして、女性は父親に対して、どんどん感謝の気持ちが溢れてきたそうです。

「長年、家族のために一生懸命働いてくれていたんだ。お金という愛情表現の仕方だったけれども、それは父なりの娘や家族への思いだったんだ。」

その女性は、ようやく父親の思いに触れ、心が通い合ったと感じたそうです。さて、改めて今日の問いです。

【今日の問い】
あなたが感謝していることは何ですか?

その女性は、親心に触れたことで、一生懸命育ててくれたことに感謝をしたことでしょう。

我々は、親に限らず、人の思いや、人が人を思う心に触れることで、心が温かくなります。

その人がどんなことを思っているだろうか。なんでそういう行動をしているのだろうか。

そのように想像してみたり、直接聞いてみたり、人の行動の背景となる思いに触れようとしてみることで、その人の見え方も変わってきます。

その女性が、父親の思いに触れたことで、心が満たされ、感謝の気持ちが溢れたように、我々の幸せとは、意外に身近にあるのかもしれませんね。

あなたが感謝していることは何ですか?

【今日の言葉】
人の思いに触れる時、感謝の心が溢れる。
感謝の心がおこる時、心が満たされる。
幸せは日々の暮らしの中に。

仏様の思いに触れる時、感謝の心が溢れる。
感謝の心がおこる時、思わず手が合わさる。
幸せはお念仏の日暮しの中に。

南無阿弥陀仏は感謝の言葉です。この後、対話をしていきますが、一度ご一緒に感謝のお念仏をおとなえ致しましょう。

スライド2

スライド3

最後までご覧いただきありがとうございます。

合掌
福岡県糟屋郡宇美町 信行寺(浄土真宗本願寺派)
神崎修生

▼関連の記事はこちら

ありのままでいられるのはなぜ?【仏教ひとくち法話】 | 信行寺 (shingyoji.jp)

【仏教ひとくち法話】大切にしている言葉や価値観は何ですか? | 信行寺 (shingyoji.jp)

 

更新情報は各種SNSにて配信しておりますので、宜しければ是非、「フォロー」いただけますと幸いです。